愛知県の西三河を中心に活動している動物ボランティア団体です 愛知県動物保護管理センターで収容動物のお世話などをしています ただいまご自宅で乳飲み子を育てて下さる育成ボランティアさんを切実に募集中!!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年05月03日 (木) | 編集 |
譲渡条件
里親となることを希望される方は以下の条件等をご一読頂き、ご理解いただいた上での応募をお願いいたします。


猫の場合

☆必須条件☆
1、ペット可住宅にお住まいであること
2、最期までかわいがって下さること
3、ペットの健康管理ができること(ワクチン接種等)
4、必ず、避妊・去勢手術をすること
5、家庭訪問でお宅拝見させて頂けること
6、完全室内飼育(脱走しないようにドア、窓にもご注意下さい)
以上は必須条件となります。

●当会で、ワクチン、避妊・去勢手術等を済ませた場合は、
里親さまの費用ご負担をお願い致します。
※その他の医療費(各種検査、駆虫代など)についても、
お気持ちで結構ですのでご寄付いただけると大変ありがたいです。
費用につきましてはそれぞれの子で金額が変わりますのでお気軽にお問い合わせください。
☆ご負担いただいた費用は次に保護する命の為、大切に使わせていただきます!
●譲渡範囲は必ずご自宅までお届けしますので、愛知県にお住いの方、または近隣県でも愛知県よりにお住まいの方とさせていただきます。

ペットの健康管理とは・・・
・避妊・去勢手術
・混合ワクチン接種
・ノミダニ予防
・その他、その子に必要な医療ケア



☆譲渡不可☆
●以下の場合、譲渡は致しかねます。
・ペット不可住宅にお住まいの方
・希望者が未成年で、ご家族の了承のない場合
・高齢者のみのご家庭(65歳以上)※動物の年齢によっては譲渡可能な場合もあります
・同居ご家族に猫を飼うことを反対されている方がいらっしゃる場合
・同居ご家族に喘息や動物アレルギーの方がいらっしゃる場合
・一人暮らしの方
・同棲中の方

☆子猫の譲渡☆
●子猫の譲渡につきましては以下の場合も譲渡は致しかねます。
・日中常態的に留守(5,6時間以上)となる場合。

☆その他☆
上記以外でも猫の飼育環境が十分でないと判断した場合は、
譲渡をお断るすることもございます。
何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
また、折にふれメールやお手紙などで近況報告して下さる方を希望しています。



☆犬・猫の飼育に必要な心構え☆

●犬や猫の寿命は15年以上です。
年をとって介護が必要になることもあるでしょう。
重い病気にかかるかもしれません。
ペットが天に召されるその日まで終生変わらぬ愛情を注げますか?

●犬や猫は可愛いだけのぬいぐるみではありません
感情があります。1匹1匹個性があります。

犬は毎日散歩に行けますか?
家の中で用を足せない子は雨の日も、風の日も、雪の日もお散歩に行かなければなりません。

食べればウンチやおしっこをします。
毛も抜けます。汚れればシャンプーをしなければいけません。
餌を与えているだけではお世話をしている事にはなりません。
ペットは生きています、命です。
お世話にお休みはありません。
その時間はありますか?必要最低限のしつけはできるでしょうか?

●子犬、子猫は譲渡後潜在的な病気(てんかん、遺伝的疾患、猫エイズ、猫白血病など)が発生する場合があります。万一そのような事態になった場合も、飼い主としての自信が揺らぐことはないでしょうか?

●子犬、子猫は場合によっては夜鳴きをすることもあります。我慢できますか?
また、そのような状況に耐えうる飼育環境でしょうか?

●犬や猫を飼うには案外お金がかかります。
フード、ペットシーツ、猫砂などの消耗品に加え、不妊手術代、ワクチン代、各種予防薬、医療費、首輪やリードetc・・・。
それらを負担する事ができますか?

●人生の転換期(結婚、離婚、引っ越しなど)に愛犬・愛猫を見捨てることなく飼育し続けられますか?
またそれらのフォローをして下さるご家族や身近なご友人はいらっしゃるでしょうか?


うるさい、汚い、臭い・・・
動物たち自身ではどうしようもない理由で捨てられる命がたくさんあります。
年を取った、病気になった・・・
それらの理由で長年寄り添ったペットを安易に保健所へ持ち込む人間があまりにも多いです。
あなたもいずれ年をとります。
そうなった時に家族に見放されたら、あなたはどんな思いをするでしょう?

猫だって年を取れば介護が必要になります。
寝たきりになる事もあるでしょう。
110819_203257.jpg
本当に最期まで飼えるでしょうか?


犬・猫をペットとしてではなく、必ず家族の一員として迎えて下さい。

top_convert_20120503035731.jpg
ほんとうに飼えるかな?←ココをクリック




FC2Blog Ranking

ランキングに参加してみました♪
お暇ならポチリとお願いします
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。